スポンサーリンク

リバウンドを繰り返すダイエットはもう終わり!ー15キロ減、3年以上リバウンドなしの方法とは。

ダイエット ダイエット

15キロのダイエットに成功したりなです。

今回は、私が15キロの減量後、3年以上体重を維持する為に、気をつけていることをまとめました。

ちなみに、私も数え切れないくらいリバウンドを繰り返しています。

無理な食事制限によるダイエット

ストレスによる過食

自己嫌悪になって、また無理に食事制限

このループに陥って、心も体もボロボロになった時が約3年くらい続きました。(高校3年間はほぼこんな感じ)

私の経験をもとに、リバウンドしない為に心がけていることを紹介します。

 

スポンサーリンク

リバウンドの原因

ダイエット

そもそも、どうしてリバウンドしてしまうんでしょうか?

主な原因は2つあります。

①ストレスによる過食
②間違ったダイエット方法による、代謝の低下

 

①ストレスによる過食

ダイエット

ダイエットを頑張れば頑張るほど、ストレスが溜まります。

そもそも、ダイエットが必要なくらい太ってしまう人は、食べることが大好きな人がほとんどです。

食べるのが大好きな人が、好きな食べ物を我慢するなんて、ストレスが溜まって当たり前ですよね?

 

ダイエットが上手くいってる場合は、ストレスが溜まってることなんて気づかないくらいに、ハッピーな気持ちでいれます。

しかし、ダイエット停滞期を迎えたり、生理中で順調に体重が減って行かなくなった時、大きなストレスを感じます。

 

そして、気持ちが焦ったり、イライラしたりして、ついに過食に走ってしまうのです。

経験がある人も多いと思います。

 

『ただのヤケ食いなんでしょ?』

と、甘く見ては絶対にダメです。

 

過食からの、無理な食事制限を繰り返すうちに、『摂食障害』を発症することもあります。

『摂食障害』について詳しい症状についてはこちら。

 

ストレスによる過食が続けば、体重もあっという間に戻っていきます。

ダイエット中は、いかにストレスと上手に向き合うのかというもの大切なポイントになってくると思います。

②間違ったダイエット方法による代謝の低下

ダイエットにおいて、代謝を高めることはとても重要なことです。

代謝が高いということは、食事から摂取した栄養素をしっかりエネルギーとして利用できるということです。

逆に代謝が低いということは、栄養素を上手く消費できないということになります。

この状態が続けば、消費カロリー<摂取カロリーになり、余った分が脂肪として体に蓄積されていきます。

 

間違ったダイエット方法は、時に代謝の低い体を作ってしまうことがあります。

そうすると、ダイエットを頑張ってるのに体重が減らなかったり、ダイエット成功後、食事を戻した途端に太りだすことがあります。

 

ダイエットを、単純に目先の数字を減らすことだと考えるのはやめましょう。

代謝をあげて、痩せやすく太りにくい体を作るために体質改善をすることを意識し、長い目で取り組むほうが、結果としてダイエット成功になります。

 

スポンサーリンク

リバウンドしないために心がける事

リバウンドしない為に、これだけは絶対に押さえたいとポイントを4つご紹介します。

最後のダイエットにしたい方は、最低限この4つのポイントを意識しましょう。

⑴食べないダイエットをやめる
⑵代謝を高める食べ物をとる
⑶腸内環境を整えることを意識する
⑷運動を取り入れる

 

食べないダイエットをやめる

ダイエット

極端に食べないダイエットは危険ですので、絶対にやめましょう。

たとえ、体重が短期間で減少したとしても、脂肪とともに筋肉も落ちてしまっていることがほとんどです。

筋肉は、代謝を高めてくれるのにとても重要な働きをしています。

筋肉量が減れば減るだけ、代謝が低い体になってしまいます。

 

日常の運動量によりますが、ダイエット中の女性でも、1日に1300〜1500キロカロリーは摂取することが推奨されています。

1食で考えると、約400〜500キロカロリーを摂取することになります。

もう一度、1日に自分がどれだけのカロリーを摂取しているか計算してみましょう。

今の自分の状態を深く知ることは、ダイエット成功の近道となります。

もし、1300〜1500キロカロリーで抑えてるのに、体重が増えていってしまうという人がいれば、すでに代謝がものすごく低い体になってしまっている可能性があります。

 

代謝をあげる食べ物を食べる

納豆

代謝をあげる食べ物を、普段の食事から意識してとるようにしましょう。

☑︎唐辛子・・『カプサイシン』で代謝を高め、脂肪を燃焼させる

☑︎納豆・・『ナットウキナーゼ』が血流を良くし、基礎代謝をあげる

☑︎生姜・・生姜を加熱することで増加する『ショウガオール』が、血流を良くし、代謝をアップさせる

☑︎くるみ・・くるみに含まれる良質な脂肪酸が、代謝を高めてくれる

☑︎ネギ・・『アリイン』が脂肪の燃焼のサポートをしてくれる

☑︎大豆・・豊富に含まれるタンパク質が、筋肉を作る元になり、代謝を高めてくれる

☑︎チーズ・・脂肪の代謝を助けてくれれる、ビタミンB群が豊富に含まれる

 

“食べずに痩せる”という考えから、“食べて燃やして痩せる”という考えにシフトしていくことが大切です。

『一生、食事制限を続けるのはツライな・・』

と思うのなら、いかに効率良く摂取した脂肪・糖分をエネルギーとして燃やすことができるか、知ることが重要です。

 

腸内環境を整える

腸内環境とダイエットには深い関係性があります。

『頑張ってダイエットをしてるのに、体重が思うように減らないな〜』

という人は、もしかしたら腸内環境が悪化している可能性があります。

腸内環境が整えば、腸本来の消化・吸収が効率よく行われ、太りにくい体質の基礎を作ってくれます。

必要な栄養素だけを吸収し、不要なものをデトックスしてくれるので、少々食べ過ぎてもすぐにリバウンドすることはなくなります。

便秘がちだという自覚がある人は、特に腸内環境が悪化しやすいので、気を付けましょう!

◇ヨーグルトを毎日食べる
◇1日に水を1〜2リットルとる
◇肉・魚・野菜をバランス良くとる
◇食物繊維を意識してとる

この4つは、腸内環境を整える為に特に重要なポイントです。

意識して生活するように気を付けてみましょう。

運動を取り入れる

運動

食事制限だけでなく、運動も取り入れたダイエットをすることで、格段にリバウンドの危険性が減ります。

運動を取り入れることで、筋肉量が増え、代謝を高めることが出来ます。

一番理想的なのは、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせることです。

有酸素運動・・ウォーキングやジョギング・水泳など、体内に酸素を取り込んで、脂肪や糖質を燃焼させる運動。

無酸素運動・・筋トレなど、酸素を必要とせずに、短時間で強い負荷をかけて、筋肉量をあげる運動。

有酸素運動と無酸素運動を無理のない範囲で、毎日の生活に取り入れましょう。

例えば、通勤時に、1駅早く降りてその分歩くことで、有酸素運動になります。

また、いつもエレベーターを使う所を、階段を使うように意識するだけでも、有酸素運動になります。

寝る前に、スクワットをしたり、腹筋・腕立てを回数を決めて行うことで、無酸素運動を取り入れることが出来ます。

まずは、1週間続けてみましょう。

3ヶ月や半年継続!といった高い目標を立てることも良いですが、ハードルが高い目標は挫折の原因になります。

私も、何度挫折を経験したことか・・・笑

1週間という短い期間でも、続けることが出来た!という達成感が、その後のモチベーションに繋がります。

 

スポンサーリンク

終わりに

私もリバウンド経験者ですが、せっかく頑張って体重を落としたのに、元通りになるほど悲しいことはないです・・

何度も何度もリバウンドを繰り返すより、

長い期間がかかってでも、リバウンドしにくいダイエット方法で、太りにくい体づくりをするほうが大切だということに、やっと気づけました。

少しでも参考になれば、嬉しいです♪

最後まで、読んで頂きありがとうございました☆

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました