スポンサーリンク

私が15㎏のダイエットに成功した理由。

体重 ダイエット

はじめまして。

タイトルにある通り、私は15㎏のダイエット成功経験のある現在兼業主婦をしているリナです。

このブログでは、どんなダイエットをして体重を落としたのか、また現在のダイエット状況について報告していきたいと思います。

現在仕事をしながら、主婦をしているので日々の生活についてもゆるゆる書きたいと思っているので、どうぞよろしくお願いします☆

ダイエットをするきっかけ

私は高校生から大学生にかけて1番太っていました。

周りの痩せている友達を見て、毎日落ち込む日々でした。

でも、ダイエットをしていなかったわけではありません。

太っていた頃もダイエットをしていましたが、今になって思うとやり方を間違えていました。

極端に食事を減らすダイエットをし、ストレスが爆発し、やけ食いを繰り返していました。そして、襲ってくる罪悪感…また、極端に食事を減らす。

そんな食生活を繰り返すうちに、過食症のような症状が出てしまっていました。(病院に行って診断された訳ではありませんが、ネットで調べた過食症の症状とほぼ同じでした。)

苦しくなって動けなくなるまで食べるようになりました。美味しい、美味しくないは関係ありませんでした。胃の中を満たしてくれれば、なんでもいいと思っていました。

食べすぎによる胃もたれで、夜中に吐き気で起きて食べたものを吐いていました。

食べることが大好きだった私が、食べることに対して苦痛を感じるようなり全く楽しめなくなっていきました。

そして、大学生の時には体重が60㎏まで増えてしまいました。(身長は153㎝しかありません。笑)

そんなMaxに太っていた私は、大学生の頃1ヶ月の海外留学を経験しました。

その経験こそ、正しいダイエットを始めるきっかけになるものでした。

海外留学中の食生活で感じたこと

1ヶ月の間、日本を離れることは初めての経験でした。

私はフランス語を勉強していたのでフランスに留学していました。

フランスでは朝昼晩の3食を、一緒に留学したお友達と食べる生活をしていました。

久々に食事を楽しんで食べるという当たり前の経験をして、すごく嬉しかったのを覚えています。

そして、不思議なことに全くダイエットを意識してなかったのに、過食したいという欲が全く出なかったのです。

1回1回の食事に満足感を覚えていたせいか、朝昼晩の食事以外で、過食してしまうこともありませんでした。(勉強で忙しかったという事もあると思いますが…)

食事内容はハイカロリーなものが多かったです。主食は、パンやじゃがいもでしたし、揚げ物もたくさん出てきました。

友達は留学生活中に太ってしまった子が多くて、1ヶ月で5㎏以上体重が増えた子もいました。笑

そんな中私は普通の食事が取れるようになり、日本に帰国すると3㎏も体重が落ちていたのです。

いかに日本でひどい食生活を送っていたのか、身に染みて気づけました。

そして、食べることは全く悪いことではないし、食事を楽しんで食べる事がどれだけ大切なのか考えるようになりました。

この経験は私にとって、何にも変え難い宝物になりました。この経験をしなければ、あれから5年以上たった今も我慢ばっかりする無理なダイエットで、体も心も壊していたと思います。

これはあくまでもきっかけとなる出来事で、このあと15㎏落とすまでに色々なダイエットに挑戦します。

そちらについては、今後ブログで紹介していきたいと思います。

まず、最初にダイエット成功経験のある私が1番伝えたかったことは…

食べることに罪悪感を持つ必要は全くない!

食べることを楽しんで1回の食事で満足感をきちんと得られるようになること!

特に食べることが大好きなダイエッターの方にお伝えしたいです。笑

我慢ばかりするダイエットを一生続けられますか?

これからたくさんブログを更新し、ダイエットについて自分の経験も含めて書きたいと思いますので、よろしくお願いします☆

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました